スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘビ六 
友人の結婚式に行って来ました。
しかし、今日のメインは久々に会ったツノさんとの会話の一部始終です。

結婚式までちょっと時間があったので、駅前で別の友人の話をしていました。

ツ「ダンナが金持ちなんよ」
な「へー、何してるん。仕事」
ツ「XX問屋。ヘビ六やってんだって
な「ヘビ六?(なんだそれ…)」
ツ「うん、そう。凄いよねー」
な「ヘビ六かあ…(だから、ヘビ六って何)
ツ「あ、それでさあ…」
な「ごめん、待って、ヘビ六って?」
ツ「え、ヘビ六だよ
な「いや、だから、意味わかんない。ヘビ六の」
ツ「え?手広くだよ?…ヘビ六?
な「…あ、手広く?」
ツ「うん、手広く」

な・ツ「ヘビ六って何Σ(゚■゚||)

数年ぶりに会って数分目のこんな私達です。
まだまだ続きます。
 
ツノ #-
んなわけあるか! 
本当にヘビ六ってなんだろうね。
たいしたもんだと思ったよ。
だけど、私たち道中ずっとボケボケで大変だったよね。
ボケがボケを呼びボケでしめて解散。
楽しかったっす。
柚 #KqigePfw
 
そこに割って入ってツッコミ役をやりたい。

ヘビ六ってさあ、花火とかそういうのの種類かと思った。
「へー・・そんな儲かるんだ・・」って。
なの #n08XGfOg
 
>ツノさま

ボケ二人だと大惨事。
たいせーくんが、何回も心配そうにツッコミ入れてくれてたのが…。


>ゆずこさん

出番ktkr!
ヘビ六って聞いて私が思い浮かべたのは
お神輿を担ぐ人たち。
謎は深まるばかり。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nano92.blog73.fc2.com/tb.php/272-1e9b2597

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。